スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

2017/01 バルト三国(10) ラトビア・リガのホテル「Royal Square Hotel & Suites」

年末年始の旅行は念願のバルト三国のエストニア&ラトビアです。

 

前回はラトビア・リガまでのバス移動のお話でした。

今回はリガでの宿泊先のご紹介です。

 

リガについては殆ど研究しない(いつもそうなんですが)状態でホテル選びを行いました。

 

何となく、旧市街の方が良さそうな感じがしたので、その中で評判が良さそうで1泊1万~1.5万円で探したところ今回のホテル「Royal Square Hotel & Suites」になりました。

(1泊1.2万円くらいでした)

 

ホテルの入口は建物から出ている旗の下です。

まだまだ温かいのか、雪もありませんでした。

 

DSC00609

 

場所はこのあたりです。

 





 

レセプションです。

最初は人がいなかったのですが、奥から出てきてくれました。

 

image_IMG_15012017020721274918

 

レセプションのお姉さんも美人さんです。

 

image_IMG_1502201702072127400

 

こちらはレセプション前のロビーです。

 

image_IMG_1800201702072127425

 

 

それではお部屋に行ってみましょう。

今回のお部屋は上層階(4階?)でしたので、建物の形状に合わせて窓際が斜めになってました。

 

image_DSC00585201702072127426

 

 

この手のお部屋、実は好きかも・・・

 

image_DSC00586201702072127427

 

クローゼットも大きく、バスローブ付きです。

 

image_DSC00588201702072127449

 

セーフティバックスも普通の場所(タリンのホテル比)にあります。(笑)

 

image_DSC005892017020721274410

 

冷蔵庫にはドリンクてんこ盛りです。

でも、若干余裕があるので、自分の飲み物も冷やせます。

無料のミネラルウオーターは夜に配りに来てくれます。

 

image_DSC005992017020721274613

 

テレビはちょっぴり古めかしいですが、SONYでした。

最近はホテルに配備されているテレビも韓国メーカーのテレビが多くなってますが、日本人としては嬉しくなります。

 

image_DSC00587201702072127438

 

 

今回も事前リクエストのお陰か?バスタブ付きの部屋となりました。

 

image_DSC005932017020721274512

 

広さも十分です。

 

image_DSC005922017020721274511

 

部屋の窓からはお隣のビルが丸見えです。

仕事場の様なので、夜は無人でした。でも、日中はひとがいらっしゃいました。人がいる間もカーテンやブラインドがおりる事はありませんでした。

あちらの人は気にならないのでしょうか・・・

 

image_IMG_1574201702072127411

 

 

ホテルの通り向かいの目の前には酒屋さんがありました。

観光地ど真ん中ですが、それほど高くない・・・じゃなくて安いです!


image_DSC006132017020721274816

 

ビールが100円しません!

 

image_IMG_1581201702072127412

 

安すぎます!!

 

image_IMG_1582201702072127413

 

ソフトドリンクも安い!!

1.5リットルでヘルシンキの500mlのお値段より安かったです。 

バルト三国最高です。

さっそくビールを2本と泡1ボトルを買わせていただきました。

 

image_IMG_1584201702072127414

 

次は通信手段の入手です。

先程のレセプションのお姉さん(とても親切)に聞いてみたところ、30mほどの所にあるコンビニで買えるとの事でした。

 

コンビニのお兄さんに聞いてみたところ、いろんな種類のSIMがずらっと出てきてしまったので、データメインのおすすめを教えてもらいました。

お値段3ユーロ!これで滞在中足りました。

 

image_DSC006122017020721274715

 

但し、入っている説明書には英語がありませんでした。

google翻訳の写真機能で文字認識させながら内容を把握して、設定しました(そんなに難しくはなかったです)。

 

以上、ホテルの紹介でした~

 

次回はリガのごはんの予定です~

 

 

Royal Square Hotel & Suites

 住所:Riga 3a Kalku Street

 電話:+37167214555

スポンサーサイト
2017-03-10(Fri)
 

2014/08 ヨーロッパ(12) チェコ市内名所散策

8月に夏休みを取って、チェコに行った際の旅行記です。

テーマは「ちょこっと、チェコへ」となってます。

引き続き、チェコ市内をぶらぶらしてみました。

移動はやっぱりトラムです。
image_2015101322234625

 

ダンシングハウス

image_2015101322234624

 

チェコ軍団橋だそうです。

image_2015101322234626

 

旧市庁舎ですね。

image_2015101322234727

 

 

image_2015101322234728

 

 

 

image_2015101322234729

 

黒い聖母の家だそうです。

image_2015101322234830

 

こちらは火薬塔

image_2015101322234831

 

市民会館です。

image_2015101322234932

 

お目当ては地下のレストランです。

image_2015101322234933

 

広々してますね~

image_2015101322234934

 

image_201510132223360

 

またまた、ビールです。

image_201510132223371

 

お腹はいっぱいでしたので、軽めのつまみのつもりで頼んだところ、思いの他大きいソーセージが・・・

image_201510132223382

 

何とか、平らげた後はまたまた、トラムで移動です。

image_201510132223383

 

色々乗り継いで、川の反対側に・・・

image_201510132223384

 

お目当てはケーブルカーでの山登りです。

image_2015101322234317

 

途中に1つ駅があり、そこで途中下車です。

image_201510132223396

 

 

image_201510132223395

 

駅の近くにはレストランがあります。

image_201510132223408

 

この場所からは王宮が見えるのですが、頂上からは見えないんです。
眺望なら、この駅がおすすめみたいです。

image_201510132223397

 

お城を見ながらビールも飲めちゃいます。

image_201510132223409

 

ビールを飲んだ後は頂上を目指します。

image_2015101322234110

 

コチラが山頂駅です。

image_2015101322234111

 

駅前にはお馬さんが。

image_2015101322234112

 

おとなしい

image_2015101322234213

 

奥に見える塔が一応、名所なのですが、遠目にも…なので、諦めちゃいました。

image_2015101322234214

 

ケーブルカーで帰るとします。

image_2015101322234215

 

image_2015101322234316

 

ちょっと、休んでから夜景撮影にも行ってみました。

image_2015101322234318

 

 

image_2015101322234419

 

 

image_2015101322234420

image_2015101322234521

 

カメラがイマイチなので、これが限界です。

image_2015101322234522


以上でチェコ観光は終了です。

 

明日はドイツへ移動です。

 

チェコでは結構、お土産(大きなマリオネットとか買っちゃいました!)を買ったので、荷物が1バック増えてしまいました。

地下鉄は2個目からは荷物用の切符が必要になるので、あらかじめ買っておくことにしました。

緑のが荷物用になります。

image_2015101322234523

 

次回はチェコ→ドイツになる・・・予定です。

2015-11-08(Sun)
 

2014/08 ヨーロッパ(11) プラハ城

8月に夏休みを取って、チェコに行った際の旅行記です。

テーマは「ちょこっと、チェコへ」となってます。

 

カレル橋を渡った先にはプラハの街中からも目立つ存在、「プラハ城」がありますので、そのまま歩いて行ってみました。

 

プラハ城はフラッチャニという丘の上にあるので、坂を登ることになります。

 

緩やかな坂道をしばらく上ると・・・

image_2015022219290837

 

階段がありました。上に登れは着くはずなので、当然階段コースを選びます。

image_2015022219290938

 

けっこうあります・・・

image_201502221928540

 

ある程度登り切った場所がコチラ

image_201502221928551

 

一休みしている人も・・・。いい運動なので、ちょっと暑いくらいです。

image_201502221928552

 

お城の門の前にある大司教宮殿です。

image_201502221928563

 

門の両脇には衛兵さん

image_201502221928564

 

記念撮影されまくりです。

image_201502221928565

 

門を入ると第一の広場です。正面のアーチをくぐると・・・

image_201502221928576

 

次は、第二の中庭です。

image_201502221928577

 

奥の建物で宮殿内の施設の観覧券を売っています。

image_201502221928588

 

こちらがチケット(230CKZ)で、入れる施設の数で値段が違います。

左側のローマ数字が入れる施設です。

image_201502221928589

 

入れる施設はこの図に載ってますが、画質を落としたら見えなくなってしまいました。

image_2015022219285810

 

第三の中庭に入ると最初に目に入るのは「聖ヴィート大聖堂」です。

image_2015022219285911

 

 

image_2015022219285912

 

 

image_2015022219285913

 

 

image_2015022219290014

 

こちらは、ムハのステンドグラス

image_2015022219290015

 

 

image_2015022219290016

 

聖ヤン・ネポムツキーの墓碑、2トンの銀で作られているそうです。

image_2015022219290117

 

 

image_2015022219290118

 

ちょっと離れて、やっと全景を写せました。

image_2015022219290219

 

 

次は、旧王宮です。

ヴラディスラフホールという広間で、16世紀当時はヨーロッパで最大のホールだったとか・・・、戴冠式とかに使ったそうです。日本だと安土桃山時代ですかね~。

image_2015022219290220

 

建物内の階段を上ると、見晴らしのいい場所に。

image_2015022219290221

 

こちらは窓からの眺めなので、視界が限定されます。

みれば、ちょっと下にバルコニーらしきものが見えます。

image_2015022219290322

 

バルコニーに瞬間移動、はしてませんが、移動しました。

さっきまでいたのは屋根のすぐ下の窓です。

image_2015022219290323

 

やっぱり、こちらからの眺めの方が開放的です。

image_2015022219290324

 

こちらは城内最古920年建立の聖イジー教会です。日本史的には醍醐天皇の時代です。

image_2015022219290425

 

お次は、黄金小路です。

錬金術師たちが住んでいたので、黄金小路だそうです。

今は土産物屋さんが入ってます。

image_2015022219290426

 

 

image_2015022219290527

 

image_2015022219290528

 

image_2015022219290529

 

 

 

image_2015022219290630

 

これで、プラハ城の見学終了です。帰りは別の門から出てみます。

image_2015022219290631

 

 

image_2015022219290632

 

帰りはこんな感じの畑の中を降りていきます。

image_2015022219290733

 

image_2015022219290734

 

このあたりで、やっとお昼位になったので、ビールの補給を行うことにします。

目標はウ・ズラテーホ・ティグラです。

クリントン大統領も行った事あるそうです。

 

トラムを乗り継いで、旧市街に戻り、お店を発見しました。

DSC04759

 

よく見ると・・・

早すぎました。

DSC04760

 

仕方がないので、別の店に行くことにします。

 

次回ももうちょっと観光かもしれません。

2015-02-22(Sun)
 

2014/08 ヨーロッパ(10) カレル橋(やっと観光)

8月に夏休みを取って、チェコに行った際の旅行記です。

テーマは「ちょこっと、チェコへ」となってます。

 

プラハ到着後、まともな観光をしてませんので、3日目は観光してみることにします。

 

今回はモルダウ川にかかる超有名スポット「カレル橋」です。

 

ホテルの前を通っているトラムはカレル橋の前も通っているので、毎日橋は見ていたのですが、結構混んでいる様です。

 

朝一の空いているうちに行ってみることにしました。

 

ホテル前でトラム17に乗ります。

image_2015021521024911

 

image_2015021521025012


ちょっと離れた場所からも撮ってみました。丘の上には王宮が見えます(こちらは次回)。

image_2015021521025013


橋につながる道です。奥に橋が見えます。

image_2015021521025014

 

到着~。これでも人が少ない方です。

image_2015021521025115

 

KAELUV MOSTって書くのですね。

image_2015021521025116

 

まだ露店も少ないです。

image_2015021521025217

 

橋の両側の欄干には約30体の聖人像が並んでいます。
image_2015021521025218

 

image_2015021521025219

 

image_2015021521025320

 

image_2015021521025321

 

image_2015021521025322

 

image_2015021521025423

 

にちらは日本人にお馴染みのフランシスコ・ザビエルさんの像です。
足元を支えているのは。東洋人です。

image_2015021521025424

 

 

image_2015021521025425

 

 

image_2015021521025526

 

image_2015021521025527

 

image_2015021521025528

 

 

こちらが、この橋で1番人気の「聖ヤン・ネポムツキー像」です。

台座のレリーフに触れると幸せになれるそうです。

image_2015021521025629

 

レリーフは左右にあり、そちらにも行列が出来ています。

コチラは右のレリーフ。

image_2015021521025630

 

そして、こちらは左のレリーフです。
犬の所がピカピカです。

image_201502152102450
本当は、正しい触り方があるみたいですが、犬の所をナデナデしてきました。

 

 

image_201502152102461

 

image_201502152102462

 

image_201502152102463

 

image_201502152102474

 

image_201502152102475

 

image_201502152102486

 

image_201502152102487

 

image_201502152102488

 

やっと、反対側が見えてきました。

image_201502152102499

 

次は、この先にある王宮を目指します。

image_2015021521024910

次回は王宮観光です。

2015-02-15(Sun)
 

2014/08 ヨーロッパ(4) インターコンチネンタルフランクフルト

8月に夏休みを取って、チェコに行った際の旅行記です。

今回のテーマは「ちょこっと、チェコへ」となってます。

チェコまでの経路はTGさん利用でヨーロッパまで行き、そこからはLHさんでチェコに移動です。

チェコのプラハはにそのまま行こうかとも思ったのですが、せっかくドイツに来たので、フランクフルトにも滞在することにしました。

 

今回はフランクフルトでの宿泊先のご紹介です。

 

前回と同じく、こちらのホテルに泊まりました。

 

InterContinental Frankfurt

 

image_2014100522220126

 

元々の予約はクラブKINGで予約していましたが、クラブコーナースイートにアップグレードしていただきました。

 

眺望の指定はしていませんでしたので、街側になってました。

 

部屋からの眺望はこんな感じです。image_201410052221559

 

但し、コーナーの部屋ですので、川も見えます。

 

image_2014100522215510

 

部屋は前回とほぼ同じ構造で、リビングとベッドルームがセパレートされており、トイレは2か所、バスタブ、シャワーはセパレートです。

 

image_2014100522220232

 

 

image_2014100522220333

 

 

image_2014100522220334

 

 

image_201410052221521

 

前回はテレビはブラウン管でしたが、液晶テレビになってました(こちらはベッドルーム用)。

image_201410052221520

 

バスローブ、スリッパも付いてます。

image_201410052221532

 

image_201410052221533

 

image_201410052221545

 

アメニティはHERMESになってました。

image_201410052221534

 

リビングのミニバーです。

image_201410052221546

 

 

image_201410052221558

 

オーブン・ザ・冷蔵庫~ですが、見てるだけです。

image_201410052221547

 

ウエルカム・ギフトは赤ワイン(フルボトル)・スイーツ・フル盛りでした。

image_2014100522215611

ワインは飲めず、チェコまで持っていくことに・・・

 

お菓子は甘さ控えめでとっても美味しかったです。

image_2014100522215612

 

フルーツは大盛り状態でした。結局、全部は食べきれませんでした。

image_2014100522215613

 

CLUB LOUNGE

 

ラウンジはクラブフロアの1つ上の階にあります。

 

テラスからはマイン川が見えます。フランクフルト国際空港にアプローチしている飛行機も目の前を横切ります。

image_2014100522215716

 

夜はこんな感じです。

image_2014100522215921

 

夜と言えば、カクテルタイムはもちろんアルコール飲み放題となってます。

image_2014100522215919

 

ビールも選り取り見取りです。

image_2014100522220127

 

色々と飲ませてい頂きました。

image_2014100522220228 image_2014100522220229

 

image_2014100522220230 image_2014100522215920

 

こちらはおつまみ系です。

image_2014100522215817

 

image_2014100522215818

 

朝食はこちらでも1Fでも取れました。

 

初日に早くホテルに着いた時もこちらで食事できました。

image_2014100522220024

 

 

image_2014100522220125

 

オムレツや目玉焼きは係りの人にお願いすれば持ってきてもらえます。

image_2014100522220231

 

1Fの朝食(バフェ形式)はこんな感じです。

相変わらず、ごはんや微妙な味噌汁は健在でした(笑)。

 

薄紫色の制服を着たCAさんがご飯を食べてました。

さて、どちらのエアラインでしょうね~(アジア系ですけど)。

image_2014100522215715

1Fには「泡」がありましたので、3杯ほど頂いてます。

 

 

image_2014100522215714

 

 

InterContinental Frankfurt

住所 : WILHELM-LEUSCHNER STRASSE 43

電話 : +49-69-26050

2014-10-09(Thu)
 
プロフィール

とりっちぃ

Author:とりっちぃ
飛行機に乗って旅行に行くのが好きなんです。
でも、長い休みが取れない!
そんなわけで弾丸トラベルが多くなってます。

最近では「エッグベネディクト」にはまって食べ歩くのも趣味になりつつあるような・・・
おいしい店をご存知でしたら、教えてください~

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
Lc.ツリータグリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。